So-net無料ブログ作成

家政婦のミタ子役 [家政婦のミタ子役]

家政婦のミタ子役

ゲストに柴俊夫さん

 
希衣(本田望結)は三田に
「じゃんけんで負けたら自分のことを話してほしい」
という“業務命令”を出す。

しかし、
何度やっても、三田に勝つことができない。

さらに、海斗(綾部守人)がルービックキューブで、
翔がバスケットボールで勝負を挑むが、
二人ともまったく歯が立たずに負けてしまう。


翔(中川大志)は、
三田が母の幽霊ではないかと言い出す。


 そんな中、義之(平泉成)がケガをして病院に運ばれた。

うらら(相武紗季)から連絡を受けた恵一と子供たちは
見舞いに行くが、
義之は養子の話を断った恵一や子供たちを受け入れない。


 義之と阿須田家が仲直りできるよう、
三田にとんでもない依頼をする。


義之が退院し、
家族でお祝いの食事会を開くことになった

その食事会で、
ついに自分の過去を語り始めるのだった。


三田が感情を失い、笑わなくなった背景には、壮絶な過去があった・・・


家族が死に、人生から未来が消え、
感情を失い、笑わなくなった壮絶な・・・>>

家政婦のミタ子役 [家政婦のミタ子役]

家政婦のミタ子役

 
希衣(本田望結)は三田に
「じゃんけんで負けたら自分のことを話してほしい」
という“業務命令”を出す。

しかし、
何度やっても、三田に勝つことができない。

さらに、海斗(綾部守人)がルービックキューブで、
翔がバスケットボールで勝負を挑むが、
二人ともまったく歯が立たずに負けてしまう。


翔(中川大志)は、
三田が母の幽霊ではないかと言い出す。


 そんな中、義之(平泉成)がケガをして病院に運ばれた。

うらら(相武紗季)から連絡を受けた恵一と子供たちは
見舞いに行くが、
義之は養子の話を断った恵一や子供たちを受け入れない。


 義之と阿須田家が仲直りできるよう、
三田にとんでもない依頼をする。


義之が退院し、
家族でお祝いの食事会を開くことになった>>

その食事会で、
ついに自分の過去を語り始めるのだった。


三田が感情を失い、笑わなくなった背景には、壮絶な過去があった・・・


家族が死に、人生から未来が消え、
感情を失い、笑わなくなった壮絶な・・・






家政婦のミタ 子役 [家政婦のミタ 子役]

家政婦のミタ 子役

人気がうなぎ上りの家政婦のミタは
なんと視聴率23,4%!

人気ドラマに同シリーズが登場!存在感のあるパール加工のきれいめカジュアル10P11Nov11【REGAL...

ドラマ業界で今話題になっているのは、
家庭崩壊した阿須田家の長女・結(ゆい)を
演じる忽那汐里。


松嶋菜々子が演じるスーパー家政婦・三田灯はもちろん、

第6話では、忽那演じる結が、恋人に裏切られて絶望し、
三田に「殺してほしい」と頼み、三田に刃物を振り上げられる、
という鬼気迫る展開を演じ切り、高い評価。 


家政婦はミタでは、感情を表に出さない三田とは対照的で、
ある意味ではドラマを彼女の演技がリードしているといってもいいでしょう。 

忽那さんは質問に対してハキハキと答え、
上品で明るいキャラクターという印象です。

それでも、特殊な事情を抱えている役どころなど、
その役がもつ暗い背景や雰囲気を醸し出すのがピカイチ。

タグ:家政婦 忽那

家政婦のミタ 子役 [家政婦のミタ 子役]

家政婦のミタ 子役

現在、ドラマにCMにひっぱりだこの子役といえば
芦田愛菜ちゃん(7)だが、
次にブレイクするといわれているのが、
今期ドラマで最高の視聴率を誇る『家政婦のミタ』(日本テレビ系)で、
阿須田家の末っ子・希衣を演じる本田望結(みゆ)ちゃん(7)だ。

主演の松嶋菜々子(38)演じる“ミタさん”に泣きわめいたり、
だだをこねたり、上目遣いで甘える希衣に、
「ほぉ~」っと思わずつぶやいた人も多いのでは?


そんな望結ちゃんは、デビュー2年目ながらかなりの実力派で
本作以外にも『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)の最終シリーズや
『美男ですね』(TBS系)、『マルモのおきて』(フジテレビ系)
にも出演していた。

ドラマの収録やオーディションには、
自宅のある京都から通っている望結ちゃん。

きょうだいは中学1年生になる兄と小学4年生の姉、4才の妹

スケートが趣味のパパの影響で、
4人のきょうだい全員が京都の名門フィギュアスケートクラブに
通っているという。

そんな望結ちゃん一家が愛用しているのは?>>

家政婦のミタ 子役 [家政婦のミタ 子役]

家政婦のミタ 子役 人気がうなぎ上りの
家政婦のミタ:は視聴率23,4%!

 無口で無表情なスーパー家政婦・三田灯を演じる
松嶋菜々子(38)ばかりが話題になりがちだが、
ドラマ業界では、家庭崩壊した阿須田家の長女・結(ゆい)を演じる
忽那汐里(18)がにわかに注目を集めている。


第6話では、忽那演じる結が、恋人に裏切られて絶望し、
三田に「殺してほしい」と頼み、三田に刃物を振り上げられる、
という鬼気迫る展開を演じ切った。 


家政婦はミタでは、母親を自殺に追い込んだ父親を絶対に
許さないという感情を、
鋭い視線と表情で説得力のある演技をもって表現している。


感情を表に出さない三田とは対照的で、
ある意味ではドラマを彼女の演技がリードしているといってもいいでしょう。 

忽那さんは質問に対してハキハキと答え、
上品で明るいキャラクターという印象です。

それでも、特殊な事情を抱えている役どころなど、
その役がもつ暗い背景や雰囲気を醸し出すのがピカイチ。


いまもっとも注目の女優です。

家政婦のミタ 子役 [家政婦のミタ 子役]

家政婦のミタ 子役

三田からお遊戯会のことを聞かされた恵一は、
自分がどうしたらいいか分からないと悩む。

そんな中、恵一は、
美枝(野波麻帆)を捨てた名取に殴りかかって暴力騒ぎを起こし、
会社をクビになる。そして、希衣から預かった石を失くしてしまう。

子供たちへの愛情の示し方も思いつかず、
このままでは子供たちに会わせる顔がない、
と追い詰められた恵一は、
「お遊戯会を中止にしてほしい」と三田に頼む。

 そして、お遊戯会当日、劇の最中に三田は、
手にバットを持って舞台に上がり…。>>

家政婦のミタ 子役 [家政婦のミタ 子役]

 三田(松嶋菜々子)から「夫と子供を殺した」と
告白された阿須田家の子供たちは、
詳しい事情を聞こうとする。しかし三田は、
「今後、どんな質問にも答える気はありません」と固く口を閉ざす。


 希衣(本田望結)が、幼稚園のお遊戯会で主役を演じることになる。

希衣は「お父さんに来てほしい」と口にするが、
結(忽那汐里)、翔(中川大志)、海斗(綾部守人)は、
恵一(長谷川博己)がこの先、
父親として自分たちを愛してくれるのか、信じられずにいた。

結は「希衣のお遊戯会に来て自分たちを愛していることを
証明してほしい」と恵一に伝えるよう、三田に頼む。


三田(松嶋菜々子)が>>

南極観測隊宗谷 [南極観測隊宗谷]

南極観測隊宗谷

昭和30年代。戦後10年を過ぎた頃、
研究者・倉持岳志 (木村拓哉) は、
日本の未来に大きな夢を抱いた子どもたちの思いとともに、
南極越冬という過酷な生活をスタートさせる。

そして日本の未来をかけ、
倉持自身の夢でもあった南極の高峰・ボツンヌーテンの
初登頂を果たすのだが遭難してしまう。

無線機も壊れ予定の経路から外れているため、
昭和基地からの雪上車による救出は期待できない。

そこで倉持は、犬の帰巣本能を信じリキ、タロ、ジロを放つ。



そして、倉持・犬塚 (山本裕典)・氷室 (堺雅人) は、
食料が尽きて・・・


長い南極大陸の厳冬期が終わる頃、
日本では越冬隊を迎えにいく 「 宗谷 」
が>>
第二次観測隊を乗せて南極へ向けて出発した。


順調に進んでいるように思えたが、
突如ドシンと厚い氷盤に激突する音が船内に響き渡り…。

南極観測隊宗谷 [南極観測隊宗谷]

南極観測隊宗谷

昭和30年代。戦後10年を過ぎた頃、
研究者・倉持岳志 (木村拓哉) は、
日本の未来に大きな夢を抱いた子どもたちの思いとともに、
南極越冬という過酷な生活をスタートさせる。

そして日本の未来をかけ、
倉持自身の夢でもあった南極の高峰・ボツンヌーテンの
初登頂を果たすのだが遭難してしまう。

無線機も壊れ予定の経路から外れているため、
昭和基地からの雪上車による救出は期待できない。

そこで倉持は、犬の帰巣本能を信じリキ、タロ、ジロを放つ。

昭和基地では、倉持たちが遭難した場所を絞り込み、
鮫島 (寺島進)、内海 (緒形直人) が
雪上車で捜索することになった。

遭難から4日が過ぎ、食料が底を尽きていることを察知した内海は
ハンドルを握る鮫島の隣で焦り始める。


その頃、倉持・犬塚 (山本裕典)・氷室 (堺雅人) は、
食料が尽きて朦朧としていた。


長い南極大陸の厳冬期が終わる頃、
日本では越冬隊を迎えにいく 「 宗谷 」
が>>
第二次観測隊を乗せて南極へ向けて出発した。


順調に進んでいるように思えたが、
突如ドシンと厚い氷盤に激突する音が船内に響き渡り…。

南極観測隊宗谷 [南極観測隊宗谷]

南極大陸宗谷

『ついに世界初のボツンヌーテン到達に挑む倉持達!!

冒険の果てに待ち受けていた運命とは!?』

 出演が木村拓哉、綾瀬はるか、堺雅人、柴田恭兵、芦田愛菜、香川照之



越冬生活も半年を迎えた頃、
倉持は自らの運命に立ち向かおうとしていた。


父の夢でもあった世界初のボツンヌーテン登頂。


往復400キロの道のりを進む倉持達。


それは正に南極最大の試練の始まりだった。


吹き荒れるブリザードの中、
果たしてボツンヌーテンにたどり着くことが出来るのだろうか?


そして氷室を襲う試練とは?


彼らを導く小さな光。


それは一体?

人間と樺太犬の絆がつむぎだす感動のドラマが明らかになる!!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。